人生の処世術

処世術1 庶民するなら日本がいい

投稿日:2015年5月22日 更新日:

 

争い

処世術 その1 人間はカタツムリの角の上で争っているようなもの

 

あなたのまわりに敵がいませんか?

あいつに負けた!!

あいつばかりいい思いをしている、不公平だ!!

お金持ちが偉い、強い。

貧乏人はつまらない、弱い。

誰が決めたのでしょう?

人間は皆おなじです。

身にまとっているもの(金)が違うくらいのことです。

宇宙から見てみると小さくてあなたはわからないでしょう。

人生は一瞬の花火みたいなものじゃないか?

それならば楽しもう。

大きく口を開いて笑おう(^-^*)/

 

アメリカの初代駐日大使 タウンゼント・ハリスの言葉

江戸時代の日本人のことをこのように記している。

『かれらはみなよく肥え、身なりも良く、幸せそうである』

 

テレビで見た話だが、

貴族(富裕層)するなら欧米がいい。

庶民するなら日本がいい。

 

私たち日本人の先人はこのように評されてきました。

私たちも見習いましょう。

 

 

 

楽天セレクトギフト
楽天セレクトギフト

-人生の処世術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

処世術9 千里の道の途中に楽しみを見つけることができる

処世術 その9 苦しみの中に喜びがある   うまくいかないときはうまいこといかないことが続くものである。 ただうまくいかない中にもちょっと横を見てみると何か喜びはあったりする。 大きな仕事を …

処世術4 過去を見るのは一瞬だけ、あとは未来を見よう

  処世術 その4 老いたら未来を見つめる   よく似た言葉に『老子』第九章 『功遂げ、見退くは、天の道なり』 このような言葉がある。 過去の栄光を持っていることはすばらしい。 でも、今、役 …

自分の意見を持てば惑わされる事は無い

  処世術 その12 他人の言葉に惑わされない 『孟子』は、こう言っている。『学問の道は、他なし。その放心を求めるのみ』(告士篇、上)。 本来は、良い心を持っているのに、外のもの (欲望の対 …

処世術11 絶好調はいつまでが絶好調か?

  処世術 その11 調子のいい時が危ない 野球の世界で言えば打率は3割を超えると一流と呼ばれる。4割を超えたら神がかりである。 ところが1度の失敗でもとてつもないダメージを受けるのは今の現実。 昨今 …

処世術3 なんでも極端はいけません

処世術 その3 まじめすぎてはいけない 俺は大丈夫、まじめじゃないから。 わたしもいつも適当よ! あなたが、そんな考えをお持ちなら大丈夫でしょう。 ここでは真面目すぎてもいけないし真面目過ぎなくてもま …

プロフィール

料理人慶(ビジネス慶)と申します。
Windows3.1にはじまりWin95と続きMacOSXに至ります。パソコンを仕事につかってお客様のサポートまで仕事になりました。現在はフリーで仕事をしています。今はソーシャルメディアに没頭中。このブログを訪問してくれる読者さんが困っていることを探して紹介していきます。現在はMacが左でWin7が右で仕事して、IT情報をいかにわかりやすくするかにこだわって記事を書いています。料理は30年の誰にも習わない我流。週末料理当番で作った料理をメインにのせていきます。ツッコミ、ご意見いつでも連絡ください。

詳しいプロフィール

慶チャンネル