人生の処世術

自分の意見を持てば惑わされる事は無い

投稿日:

 

処世術12

処世術 その12 他人の言葉に惑わされない

『孟子』は、こう言っている。
『学問の道は、他なし。その放心を求めるのみ』(告士篇、上)。

本来は、良い心を持っているのに、外のもの
(欲望の対象ばかりでなく、自分に対する世間の評判も含むだろう)
に惹かれ、揺り動かされて、心がどっかに行ってしまう。
それを取りもどしたところに、はじめて主体の確率がある。

おいしいお店があると聞くと食べに行きたくなる。
しかし、行ってみると自分の舌に合わないのか、
それともほんとにおいしくないのか?

なぜだろう?間違った情報を仕入れてしまったのか?
でも考えてみる。
そもそも自分の意見がないから惑わされてしまうのではないか。

この料理(例えばフランス料理)は私は好きだったか?
好みでもないものを食べにきていたのでは話にならない。

『荘子』に『外聞は必すべからず』と言う警句がある。
自分以外のものすべて、あてにはできないということ。

 

ここで1つ質問

あなたが1番信頼できる人物は誰ですか。

親、兄弟、親戚?

 

 

あなたが1番信頼できる人物はあなた自身です。
すなわちあなたの意見があなたにとっていちばん信頼する意見です。

 

そう思いませんか?

 

 

楽天セレクトギフト
楽天セレクトギフト

-人生の処世術
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

処世術7 刺激はわざわざ買わなくてもいい

処世術 その7 平凡でいい   波瀾万丈伝に出演している芸能人・著名人を 否定するワケではない。 起伏の多い人生をのぞんでいないのに、なぜか 起伏の多い人生になる人もいる。   刺 …

処世術6 前しか進めない道はない

処世術 その6 一歩下がってみる。意外な効用がある 毎日ライバルとの闘いに明け暮れているのだろうか? それとも、一分一秒を競って仕事をしているのだろうか? 自分自身がライバルで負けられないのだろうか? …

処世術3 なんでも極端はいけません

処世術 その3 まじめすぎてはいけない 俺は大丈夫、まじめじゃないから。 わたしもいつも適当よ! あなたが、そんな考えをお持ちなら大丈夫でしょう。 ここでは真面目すぎてもいけないし真面目過ぎなくてもま …

処世術8 こころの幸せはお金に勝る

  処世術 その8 貧しくても心にゆとりを持つ   人を測る”ものさし”はないものだから、人はなんでもものさしにしようとします。どんな家に住んでいて、配偶者の職業、親の職業など。男は年収とク …

処世術10 本物を見分けることができるあなたは本物だ

処世術 その10 本物は普通にみえる お店を例にとるとテレビで紹介され途端に行列ができるようになり、その行列が行列を呼んで非常に混雑する。 しかしテレビの取材が終わって1週間2週間の経過すると途端にお …

プロフィール

料理人慶(ビジネス慶)と申します。
Windows3.1にはじまりWin95と続きMacOSXに至ります。パソコンを仕事につかってお客様のサポートまで仕事になりました。現在はフリーで仕事をしています。今はソーシャルメディアに没頭中。このブログを訪問してくれる読者さんが困っていることを探して紹介していきます。現在はMacが左でWin7が右で仕事して、IT情報をいかにわかりやすくするかにこだわって記事を書いています。料理は30年の誰にも習わない我流。週末料理当番で作った料理をメインにのせていきます。ツッコミ、ご意見いつでも連絡ください。

詳しいプロフィール

慶チャンネル