人生の処世術

処世術8 こころの幸せはお金に勝る

投稿日:2015年9月29日 更新日:

 

処世術 その8 貧しくても心にゆとりを持つ

 

人を測る”ものさし”はないものだから、人はなんでもものさしに
しようとします。
どんな家に住んでいて、配偶者の職業、親の職業など。
男は年収とクルマの傾向がありますが、、、

心にゆとりなんてうちは貧乏だから無理!!
このように決めてしまっている方も多いのではないだろうか。

確かにおっしゃることはよく理解できます。
裕福な人は心に余裕がある、ような気がします。
でも、裕福な人は口にださないだけで
『裕福でも心の狭いのはたくさんいる!』
これが真実です。

随分前のテレビのバラエティ番組でした。
貧乏をアピールして100人の審査員から応援(同情?)を
もらった人数x10,000円もらえるのです。
あるときの出場者が強烈でした。
公務員で貯めに貯めた貯金は1,600万円。
それなら、家庭もって家もっていいじゃないの?
それが、違うのです。
1,600万円使いたくないから私は貧乏ですと!
信じがたいのですが、目は真剣でした。
応援した審査員はたったの1名。
10,000円を獲得しWチャンス。
今度は正解すれば100万円のチャンス。
まさか、まさかの100万円GET!!
喜んでいるのは1,600万円ビンボーの出演者のみ。
しらーーー。

実際このように使えなくなってしまう人はいます。
こうなると『余裕』ではなく孔子曰く『焦燥』です。

論語から

子貢(孔子の弟子)が孔子に問うた言葉。
『貧しくしてへつらうこと無く、富みておごる無きは如何』
孔子は『可なり(それもまあよろしい)』として補足に
『未だ貧しくてして楽しみ、富みて礼を好む者にしかざるなり』

富んでいても礼節のきちんとしている者が一番良い。富んでいれば、
生活に余裕があるから、心にも余裕がある。他人に奢りを見せずに
生きることもできるから。

 

 

楽天セレクトギフト
楽天セレクトギフト

-人生の処世術
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

処世術6 前しか進めない道はない

処世術 その6 一歩下がってみる。意外な効用がある 毎日ライバルとの闘いに明け暮れているのだろうか? それとも、一分一秒を競って仕事をしているのだろうか? 自分自身がライバルで負けられないのだろうか? …

自分の意見を持てば惑わされる事は無い

  処世術 その12 他人の言葉に惑わされない 『孟子』は、こう言っている。『学問の道は、他なし。その放心を求めるのみ』(告士篇、上)。 本来は、良い心を持っているのに、外のもの (欲望の対 …

処世術4 過去を見るのは一瞬だけ、あとは未来を見よう

  処世術 その4 老いたら未来を見つめる   よく似た言葉に『老子』第九章 『功遂げ、見退くは、天の道なり』 このような言葉がある。 過去の栄光を持っていることはすばらしい。 でも、今、役 …

処世術11 絶好調はいつまでが絶好調か?

  処世術 その11 調子のいい時が危ない 野球の世界で言えば打率は3割を超えると一流と呼ばれる。4割を超えたら神がかりである。 ところが1度の失敗でもとてつもないダメージを受けるのは今の現実。 昨今 …

処世術7 刺激はわざわざ買わなくてもいい

処世術 その7 平凡でいい   波瀾万丈伝に出演している芸能人・著名人を 否定するワケではない。 起伏の多い人生をのぞんでいないのに、なぜか 起伏の多い人生になる人もいる。   刺 …

プロフィール

料理人慶(ビジネス慶)と申します。
Windows3.1にはじまりWin95と続きMacOSXに至ります。パソコンを仕事につかってお客様のサポートまで仕事になりました。現在はフリーで仕事をしています。今はソーシャルメディアに没頭中。このブログを訪問してくれる読者さんが困っていることを探して紹介していきます。現在はMacが左でWin7が右で仕事して、IT情報をいかにわかりやすくするかにこだわって記事を書いています。料理は30年の誰にも習わない我流。週末料理当番で作った料理をメインにのせていきます。ツッコミ、ご意見いつでも連絡ください。

詳しいプロフィール

慶チャンネル