人生の処世術

処世術4 過去を見るのは一瞬だけ、あとは未来を見よう

投稿日:

 未来

処世術 その4 老いたら未来を見つめる

 

よく似た言葉に『老子』第九章

『功遂げ、見退くは、天の道なり』

このような言葉がある。

過去の栄光を持っていることはすばらしい。

でも、今、役に立つものであろうか?

実績を売ることはするなと戒めている。

 

若者は『成功した自分』に自分を駆り立てて突き進んでいく。

すんなりと成功する訳ではなく、障害にあたるもの。

そんなときは自分の過去を確認し、反省することにより、

新たな気持ちで明日に進むことができる。

老人はどうなるか?

人生経験も長い分、成功も失敗も若者とは比べ物にならないほどの

経験を有し、強い自信をもっている。

そのために、過去の栄光が邪魔をし、せっかく積みあげたものが

なくなってしまうことがある。

若者も老人も過去のものは置いてこよう。

そして、若者も老人も未来にむかって生まれ変わろう。

 

少し意味が違うが私の好きな言葉です。

子供叱るな来た道じゃ 年寄笑うな行く道じゃ

『子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの、

来た道行く道二人旅、これから通る今日の道、通り直しの聞かぬ道』

妙好人の歌より

 

 

楽天セレクトギフト
楽天セレクトギフト

-人生の処世術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

処世術3 なんでも極端はいけません

処世術 その3 まじめすぎてはいけない 俺は大丈夫、まじめじゃないから。 わたしもいつも適当よ! あなたが、そんな考えをお持ちなら大丈夫でしょう。 ここでは真面目すぎてもいけないし真面目過ぎなくてもま …

処世術10 本物を見分けることができるあなたは本物だ

処世術 その10 本物は普通にみえる お店を例にとるとテレビで紹介され途端に行列ができるようになり、その行列が行列を呼んで非常に混雑する。 しかしテレビの取材が終わって1週間2週間の経過すると途端にお …

処世術6 前しか進めない道はない

処世術 その6 一歩下がってみる。意外な効用がある 毎日ライバルとの闘いに明け暮れているのだろうか? それとも、一分一秒を競って仕事をしているのだろうか? 自分自身がライバルで負けられないのだろうか? …

処世術1 庶民するなら日本がいい

  処世術 その1 人間はカタツムリの角の上で争っているようなもの   あなたのまわりに敵がいませんか? あいつに負けた!! あいつばかりいい思いをしている、不公平だ!! お金持ち …

処世術8 こころの幸せはお金に勝る

  処世術 その8 貧しくても心にゆとりを持つ   人を測る”ものさし”はないものだから、人はなんでもものさしにしようとします。どんな家に住んでいて、配偶者の職業、親の職業など。男は年収とク …

プロフィール

料理人慶(ビジネス慶)と申します。
Windows3.1にはじまりWin95と続きMacOSXに至ります。パソコンを仕事につかってお客様のサポートまで仕事になりました。現在はフリーで仕事をしています。今はソーシャルメディアに没頭中。このブログを訪問してくれる読者さんが困っていることを探して紹介していきます。現在はMacが左でWin7が右で仕事して、IT情報をいかにわかりやすくするかにこだわって記事を書いています。料理は30年の誰にも習わない我流。週末料理当番で作った料理をメインにのせていきます。ツッコミ、ご意見いつでも連絡ください。

詳しいプロフィール

慶チャンネル