人生の処世術

処世術3 なんでも極端はいけません

投稿日:

まじめ

処世術 その3 まじめすぎてはいけない

俺は大丈夫、まじめじゃないから。

わたしもいつも適当よ!

あなたが、そんな考えをお持ちなら大丈夫でしょう。

ここでは真面目すぎてもいけないし真面目過ぎなくてもまずいんです。

 

スポーツの世界は自分の体に限界が来るからわかりやすいですね。

怪我もするし、病気になってしまったりとはっきりしている。

 

頭を使う仕事の方が、まじめに考え、もっと考え、まだ考えて無理をしてしまう。

自分に負荷をかけすぎて、オーバーワークしどこかかしらに変調をきたす。

『ルーズに生きる』と推奨している訳ではない。

ストレスから自分を守る為に、冷静に第三者として見る自分を持ってほしい。

 

夢中で充実しているほど、自分を冷静に見ることができないものです。

あなたは今なにかの没頭しすぎていませんか?

 

 

楽天セレクトギフト
楽天セレクトギフト

-人生の処世術
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

処世術6 前しか進めない道はない

処世術 その6 一歩下がってみる。意外な効用がある 毎日ライバルとの闘いに明け暮れているのだろうか? それとも、一分一秒を競って仕事をしているのだろうか? 自分自身がライバルで負けられないのだろうか? …

処世術4 過去を見るのは一瞬だけ、あとは未来を見よう

  処世術 その4 老いたら未来を見つめる   よく似た言葉に『老子』第九章 『功遂げ、見退くは、天の道なり』 このような言葉がある。 過去の栄光を持っていることはすばらしい。 でも、今、役 …

処世術10 本物を見分けることができるあなたは本物だ

処世術 その10 本物は普通にみえる お店を例にとるとテレビで紹介され途端に行列ができるようになり、その行列が行列を呼んで非常に混雑する。 しかしテレビの取材が終わって1週間2週間の経過すると途端にお …

処世術11 絶好調はいつまでが絶好調か?

  処世術 その11 調子のいい時が危ない 野球の世界で言えば打率は3割を超えると一流と呼ばれる。4割を超えたら神がかりである。 ところが1度の失敗でもとてつもないダメージを受けるのは今の現実。 昨今 …

処世術9 千里の道の途中に楽しみを見つけることができる

処世術 その9 苦しみの中に喜びがある   うまくいかないときはうまいこといかないことが続くものである。 ただうまくいかない中にもちょっと横を見てみると何か喜びはあったりする。 大きな仕事を …

プロフィール

料理人慶(ビジネス慶)と申します。
Windows3.1にはじまりWin95と続きMacOSXに至ります。パソコンを仕事につかってお客様のサポートまで仕事になりました。現在はフリーで仕事をしています。今はソーシャルメディアに没頭中。このブログを訪問してくれる読者さんが困っていることを探して紹介していきます。現在はMacが左でWin7が右で仕事して、IT情報をいかにわかりやすくするかにこだわって記事を書いています。料理は30年の誰にも習わない我流。週末料理当番で作った料理をメインにのせていきます。ツッコミ、ご意見いつでも連絡ください。

詳しいプロフィール

慶チャンネル