人生の処世術

処世術11 絶好調はいつまでが絶好調か?

投稿日:2015年10月2日 更新日:

 

処世術 その11 調子のいい時が危ない

野球の世界で言えば打率は3割を超えると一流と呼ばれる。
4割を超えたら神がかりである。

ところが1度の失敗でもとてつもないダメージを受けるのは今の現実。
昨今、発生するのは食品の偽装問題。
何十年もやってきたのに偽装していたせいで会社自体がなくなってしまった話も多くあります。 食肉偽装のミートホープ、焼肉酒家えびすのユッケ集団食中毒、米の事故米転売問題の三笠フーズは会社存続が出来なくなりました。

例えば『百発百中』という言葉は非常に有名です。これは百発百中の腕前を褒める話だと思ったら実は大間違いです。
秦の猛将白起に対して、その攻撃を止めさせようとした弁舌の士が、伝説の弓の名人養由基の話としては百発百中の話をしています。

『確かに養由基は百回矢を放てば、百回当てましたが、そのまま101回、102回…と永に当て続けられるでしょうか。弓も繰り返し使用すれば、歪みが生じ、狂いも生じます。射る方も疲れが溜まり、集中力も落ちてきます。やがて、当たらなくなる。そうしたら、今までの事は、台無しになってしまいます。そして、あなたが直面しているのは、戦争という重大な問題です。 次にちょっとでも失敗したら、あるい勝てたとしても自軍の犠牲が大きかったら、どうします?』

百発百中の話は当たり続けているうち、売れ続けているうちは良いけれども・・・・・などと考えると,あらゆる業種に通じる言葉です。 あなたのところはどうでしょうか?

日本のことわざなら【勝って兜の緒を締めよ】か。

 

楽天セレクトギフト
楽天セレクトギフト

-人生の処世術
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

処世術6 前しか進めない道はない

処世術 その6 一歩下がってみる。意外な効用がある 毎日ライバルとの闘いに明け暮れているのだろうか? それとも、一分一秒を競って仕事をしているのだろうか? 自分自身がライバルで負けられないのだろうか? …

処世術4 過去を見るのは一瞬だけ、あとは未来を見よう

  処世術 その4 老いたら未来を見つめる   よく似た言葉に『老子』第九章 『功遂げ、見退くは、天の道なり』 このような言葉がある。 過去の栄光を持っていることはすばらしい。 でも、今、役 …

処世術7 刺激はわざわざ買わなくてもいい

処世術 その7 平凡でいい   波瀾万丈伝に出演している芸能人・著名人を 否定するワケではない。 起伏の多い人生をのぞんでいないのに、なぜか 起伏の多い人生になる人もいる。   刺 …

処世術1 庶民するなら日本がいい

  処世術 その1 人間はカタツムリの角の上で争っているようなもの   あなたのまわりに敵がいませんか? あいつに負けた!! あいつばかりいい思いをしている、不公平だ!! お金持ち …

処世術8 こころの幸せはお金に勝る

  処世術 その8 貧しくても心にゆとりを持つ   人を測る”ものさし”はないものだから、人はなんでもものさしにしようとします。どんな家に住んでいて、配偶者の職業、親の職業など。男は年収とク …

プロフィール

料理人慶(ビジネス慶)と申します。
Windows3.1にはじまりWin95と続きMacOSXに至ります。パソコンを仕事につかってお客様のサポートまで仕事になりました。現在はフリーで仕事をしています。今はソーシャルメディアに没頭中。このブログを訪問してくれる読者さんが困っていることを探して紹介していきます。現在はMacが左でWin7が右で仕事して、IT情報をいかにわかりやすくするかにこだわって記事を書いています。料理は30年の誰にも習わない我流。週末料理当番で作った料理をメインにのせていきます。ツッコミ、ご意見いつでも連絡ください。

詳しいプロフィール

慶チャンネル