アフィリエイト

もしものために役にたつ損害保険だけど見直しする価値ありかも

事故が発生すると経済的な面で保証してもらえる損害保険。
もしもの時に役に立つのだが、事故のない生活を送っていると存在も忘れてしまうほどである。

しかしながら見直しは定期的にすることをお勧めします(会社の合併により保険商品が変更になるため)。

日本の実質的な(実定法上)損害保険をウィキペディアから引用して紹介します。

 

日本の実定法上の損害保険

日本の保険法では損害保険、生命保険、傷害疾病定額保険の3つに分類されている。保険業に関しては、保険業法を根拠法とし、金融庁による監督を受ける。なお、火災共済など、保険業法以外に根拠法のある損害保険もある。

 

つぎは損害保険の定義にいきましょう!

損害保険契約の定義

損害保険契約は、「保険契約のうち、保険者が一定の偶然の事故によって生ずることのある損害をてん補することを約するもの」をいう( 保険法2条6号)。

ここでいう、「保険契約」とは、「当事者の一方が一定の事由が生じたことを条件として財産上の給付(生命保険契約及び傷害疾病定額保険契約にあっては、金銭の支払に限る。以下「保険給付」という。)を行うことを約し、相手方がこれに対して当該一定の事由の発生の可能性に応じたものとして保険料(共済掛金を含む。以下同じ。)を支払うことを約する契約」(保険法2条1号)であり、必ずしも保険金の形で金銭を交付する義務を負っていない。

 

つぎは保険商品に参りましょう!
マリン分野とノンマリン分野になります。

 

損害保険の保険商品

ノンマリン分野

  • 火災保険

    • 地震保険(単独加入は不可。必ず住宅火災保険などと併せて加入する)
    • 住宅火災保険
    • 住宅総合保険
    • 普通火災保険
    • 店舗総合保険
    • 団地保険
  • 自動車保険

    • 自動車損害賠償責任保険(俗称・自賠責保険)
    • 任意自動車保険
  • 自転車保険

    • TSマーク
  • 傷害保険

    • 普通傷害保険
    • 家族傷害保険
    • ファミリー交通傷害保険
    • 国内旅行傷害保険
    • 海外旅行傷害保険
    • ゴルファー保険
  • 所得補償保険

  • 医療費用保険

  • 介護費用保険

  • 賠償責任保険

  • 動産総合保険

    • ヨット・モーターボート総合保険
    • コンピュータ総合保険
  • ペット保険

  • 自動車や家電製品などの延長保証(販売店自身のほか、外部の保険会社と契約して提供される場合がある)

 

マリン分野

海上保険

  • 船舶保険

  • 運送保険

  • 貨物保険

 

最後に豆知識をいきましょう!

損害保険会社は商号中に入る文字が決まっている

日本では保険業法第7条により、損害保険会社は商号中に内閣府令(保険業法施行規則、平成8年大蔵省令第5号)で定めた文字を入れなければならない。具体的には次の通りである(施行規則第13条2項)。

  • 火災保険

  • 海上保険

  • 傷害保険

  • 自動車保険

  • 再保険

  • 損害保険

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
和田真羽人
和田真羽人
会社員時代の経歴は1つの会社で4回も職種を変更させられました。おかげさまで1000人の経営者と商談し、700 台のPCを販売し、500のお客様のネットワークを修復・改善した実績を持ちます。料理は30年超の我流一筋でお刺身作ることが最近の楽しみ。フライパン使っての料理が得意。自由な人生を手に入れるために一秒も惜しみながら過ごしています。